メニュー
屋号に冠した田村菓子舗の原点 うにまんじゅう

屋号に冠した田村菓子舗の原点 うにまんじゅう

地元 佐田岬産にこだわり

佐田岬はリアス式海岸で自然のとても豊かなところです。
三代目が小さな頃、夏に目の前の海へ遊びに出かけ膝下ぐらいの岩をはぐると「バフンウニ」が簡単にとれました。
“採れたウニはその場で石で割り海水で洗い、その場で食す”
この体験が、幼少期に焼き付いた故郷 佐田岬の原風景です。

1987年(昭和62年)に国道197号(佐田岬メロディーライン)開通を契機に観光のお客様が大勢佐田岬にお越しになるようになりました。そこで、二代目 田村信郎(たむら のぶお)が佐田岬ならではのお土産をと開発した商品が「うにまんじゅう」です。

地元 佐田岬産にこだわり

「地元の素材を使い お菓子を通して地域を広め、人を広める」

この“うにまんじゅう”に込められた思いが当店のお菓子づくりの原点となり、現在も屋号に冠して受継いでいます。

伝統的な漁法でウニを採る、海士(あまし)さん

伝統的な漁法でウニを採る、海士(あまし)さん

酸素ボンベを使わず素潜りで伝統的な漁を行っている海士さんが「うにまんじゅう」の原料となる「バフンウニ」をとっています。写真のご夫婦も素潜りでサザエ、アワビ、ウニなどを採るベテラン海士さんです。

全国的に減少しているウニの漁獲量ですが、佐田岬でも「バフンウニ」が減少傾向にあり、餌となる良質な藻の減少が原因ではないかといわれています。

漁場を守るため、今では夏の1ヵ月間のみ漁が解禁され、餡に練り込むアルコールと塩漬けしたバフンウニの瓶詰めも、30年前とくらべ価格が2倍以上になるほど大変希少になっています。

佐田岬特産 うにまんじゅう

佐田岬を、三代目が体験した故郷の原風景を残したい。
海士さんの伝統も残したい。

ウニの餌場 藻場の回復にも尽力しながら、お菓子を通して地域と人とが広がる“うにまんじゅう”をつくり続けていきたいと思っています。

白餡に卵黄と佐田岬のウニを練り込んだ「ウニ餡」を伝統のミルク風味の生地で包み、焼きあげた“うにまんじゅう”

おやつに、おもたせに、おひとついかがですか?

佐田岬特産 うにまんじゅう

うにまんじゅう

  • うにまんじゅう 1個(99776342)

    販売価格 ¥100(税抜)

  • うにまんじゅう 8個入り(7002028)

    販売価格 ¥700(税抜)

  • うにまんじゅう 16個入り(7002029)

    販売価格 ¥1300(税抜)